差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
ゲームの概要と国家のチョイス [2019/11/05 21:53]
dike05
ゲームの概要と国家のチョイス [2019/11/05 22:01] (現在)
dike05 [国家の選択]
ライン 12: ライン 12:
   * ゲームでお勧めされるのはローマだが、共和制国家は元老院に対する議会対策が煩わしい場合がある。君主制国家は、よりプレイヤーの判断で行動しやすい。一方、部族制国家は概して先進国に飲み込まれるか、技術的停滞の運命にある。   * ゲームでお勧めされるのはローマだが、共和制国家は元老院に対する議会対策が煩わしい場合がある。君主制国家は、よりプレイヤーの判断で行動しやすい。一方、部族制国家は概して先進国に飲み込まれるか、技術的停滞の運命にある。
   * 君主制ではどこが良いか?エジプトやマケドニアといったお勧め国家は、領土が広すぎ、管理の難易度が高い。複数の領域、1~2州程度を持つ小国家が扱いやすい。   * 君主制ではどこが良いか?エジプトやマケドニアといったお勧め国家は、領土が広すぎ、管理の難易度が高い。複数の領域、1~2州程度を持つ小国家が扱いやすい。
-  * 周辺国家との関係性は重要となる。IRにはVicと異なり同レベル間でしか攻守同盟を行えないため、大国との同盟で安定を目指すことはできない。そのため衛星国や強大な国家が隣接する国は除外した方がよい。理想的なのは、文化・宗教が近く、独立保障を受けていない餌食にしやすい小国が付近に多い国家だ。+  * 周辺国家との関係性は重要となる。IRにはVicと異なり同レベル間でしか攻守同盟を行えないため、大国との同盟で安定を目指すことはできない。そのため衛星国や強大な国家が隣接する国は除外した方がよい。 
 +  * 理想的なのは、文化・宗教が近く、自身より弱く独立保障を受けていないという、餌食にしやすい小国が付近に多い国家だ。
   * 上記に該当し、特に序盤の拡張を学びやすい国家にはエピルスやスパルタがある。エピルスはマケドニアとの関係を維持すれば周辺国を侵食しやすく、スパルタはマケドニアの注意が北方に向いている間にペロポネソス半島の統一を目指しやすい。ただし、いずれの国家も中盤以降は大国に向き合っていく必要がある。   * 上記に該当し、特に序盤の拡張を学びやすい国家にはエピルスやスパルタがある。エピルスはマケドニアとの関係を維持すれば周辺国を侵食しやすく、スパルタはマケドニアの注意が北方に向いている間にペロポネソス半島の統一を目指しやすい。ただし、いずれの国家も中盤以降は大国に向き合っていく必要がある。
 +  * 君主制でないことを除けば、ローマも非常に拡張がしやすく、中盤以降はカルタゴやマケドニアなどと競うことができる、楽しみやすい国家。
  • ゲームの概要と国家のチョイス.txt
  • 最終更新: 2019/11/05 22:01
  • by dike05