こちらの記事より大部分を引用しています。 https://simulationian.com/2018/11/imperator-dd20181126/

都市の税収はその都市にどれだけ奴隷がいるかによる。もちろんこれにいくらかの補正がつき、交易品へのアクセス、安定度、大臣、政権の座にある派閥のうちのいくらかは税収を増やすこともある。

通商路ごとにいくらか収入が生まれ、これは国内の市民の数によって増加し、また市場やその他の要因でも増加することがある。

国家のすべての公職には給与が定められている。給与は常に収入の一定割合であり、職位によってその割合が決まる(統治者はなんと5%ももらえる!)。さらにキャラクターの汚職(Character Corruption)も公職の給与に影響する。

収入に対する政策

税収

  • 緩やかな課税(Lax Taxation):国家の税収-25%、国家の不穏度-1
  • 通常の課税(Default Taxation):効果なし
  • 過酷な課税(Harsh Taxation):国家の奴隷の出力+25(注:+25%?)、研究力産出-25%

商業

  • 取引への課税(Transaction Taxation):商業収入+30%、交易品生産超過量に対する奴隷の必要量+4
  • 交易許可(Trading Permits):効果なし
  • 自由貿易(Free Trade):商業収入-20%、プロヴィンスあたりの交易路+1

貢納金(Tributes)

  • 緩やかな貢納金(Lax Tribute):従属国からの貢納金収入-33%、従属国の評価+50
  • 通常(Default):効果なし
  • 搾取的な貢納金(Extortive Tributes):従属国からの貢納金収入+25%、従属国の評価-100

支出に関する政策

陸軍維持費

  • 支出の抑制(Decreased Pay):士気-50%、陸軍維持費-50%
  • 通常の支出(Normal Pay):効果なし
  • 支出の追加(Increased Pay):士気+10%、陸軍維持費+50%

海軍維持費

  • 支出の抑制(Decreased Pay):海軍士気-50%、海軍維持費-50%
  • 通常の支出(Normal Pay):効果なし
  • 支出の追加(Increased Pay):海軍士気+10%、海軍維持費+50%

要塞維持費

  • 守備隊の放棄(Ignored Garrisons):要塞維持費-50%、守備隊の規模-95%、要塞防御力-90%
  • 賃金の出る守備隊(Paid Garrisons):効果なし
  • 防御施設の改良(Improved Fortifications):要塞維持費+50%、守備隊の規模・要塞防御力+25%

給与

  • 給与の抑制(Reduced Wages):すべてのキャラクターに対する月の給与-25%、忠誠度-0.5/月
  • 通常の給与(Normal Wages):効果なし
  • 給与の追加(Increased Wages):すべてのキャラクターに対する月の給与+50%、忠誠度+0.1/月

常に赤字で国家運営を行うことは、多くのよくないことを引き起こす。こうしたイベントには経済転換の助けになるものもあるが、すべてなんらかの形で高くつくことになる。

コメントを入力. Wiki文法が有効です:
L K᠎ W᠎ H᠎ K
 
  • 経済.txt
  • 最終更新: 2019/03/10 20:32
  • by svejk